すべての人へopen webを目指し、イノベーションを加速させるDrupal

2022-09-22

この記事は以下の記事を翻訳し、掲載しています。
出典:Drupal accelerating innovation for an open web for everyone

----------------
Drupal は、すべての人にとってオープンな Web の促進を支援するオープン ソース プロジェクトです。
DrupalConでは、プロジェクトリーダーで創設者のドリス・バイタルト氏(Dries Buytaert)がDrupalの最新の開発状況を説明しています。
Drupal のオーサリング エクスペリエンスとヘッドレス機能は、主要な機能の 1 つです。Drupalでは、製品イノベーションの加速とDrupalの市場成長の維持に特に注力することになります。

Drupalは市場で確固たる地位を築いており、着実に成長しています。
ルフトハンザ(Lufthansa)や欧州政府(The European Government)など、世界中の多くのトップ企業のデジタルエクスペリエンスを向上させています。
Drupal は、その API ファーストのアプローチにより、CMS をバック オフィスに結び付ける組織にとって理想的な選択肢です。ヘッドレスフレームワークは、これをさらに加速させるものです。
プラハで開催されたDrupalConで、ドリス・バイタルト氏はDrupalの改善とイノベーションがDrupalのさらなる成長を促進することについて語っています。

Open Web

Drupalのビジョンは、個人も組織も同様に独自のデータを所有できるようにする、オープンで柔軟、かつアクセスしやすいプラットフォームであることに変わりはありません。これは、ビッグテックが人々のデータを所有する世界において、非常に重要な意味を持つようになってきている要素です。
オープンソースを使用することで、データを収集するかどうかにかかわらず、人々に提供したいデジタル エクスペリエンスを完全に制御することができます。
独自のシステムは、しばしば制御が効かず、プライバシーをロックオンし、クリエイティブな可能性を制限してしまいます。
独自のシステムを使用している場合、アクセシビリティの問題を修正するのも難しくなります。
オープンソースは、開発者と組織の両方に完全な制御を可能とします。できることに制限はありません。

ドリス・バイタルト氏は次のように語っています:「私の個人的な信念は、常に人々のデータや個性を収集しないことです。印刷された本のようなプライバシーを目指しています」

Drupalは、組織が自らのデジタル エクスペリエンスを所有することを可能にする、オープン Web のための様々な要素に取り組んでいます。
特にスケーラビリティ、アクセシビリティ、信頼性は、Drupalが重要視している基盤です。
優れたソフトウェアは、エンド ユーザーを気遣い、人々を助けます。これは、Drupal プロジェクトの中心課題であり続けます。

Gitlab

Drupalのコードを自社開発環境からGitlabに移行することで、オープンソースコミュニティがDrupalに貢献する際の摩擦点をなくし、コラボレーションが改善されます。
自動化されたテストは、Drupal の製品イノベーションにとって大きな推進力となる、即時のレビュー フィードバックを提供します。

バイタルト氏は最後に、世界中の何千人ものDrupalの専門家が、Drupalで行っている作業の重要性を強調して取り上げています。
膨大なサポートベースは、Drupalを使い始め、オープン Webを信じる組織をサポートするために役立ちます。
人々は優れたソフトウェアに惹かれます。ビジネス目的であれ、キャリアを積むためであれ、人々が Drupal を採用する重要な理由です。

Drupal 10

Drupalバージョン10は、2022年12月にリリース予定です。Drupal 9のユーザーは、Drupal 10へのアップグレードに11ヶ月の猶予があります。
これは、更新するとサポートも終了してしまうため、それまでにサードパーティの依存関係を解決する必要があるからです。

DrupalCon

DrupalConは、個人や組織が集まり、Drupal について話し、経験を交換する国際会議です。
今週プラハで開催される DrupalCon では、1200 人以上が直接会い、プロジェクトに協力しています。
Drupal Association は、Drupal とその世界規模のコミュニティのニーズに応える非営利団体です。Drupal コミュニティの成長を支援し、すべての人にとって安全でセキュアなオープン Web を作成するというプロジェクトのビジョンをサポートすることに重点を置いています。
Drupalを使っている方、Drupalコミュニティーの方。お気軽にご連絡ください!