DrupalCon Europe 2021終了!Dries氏の基調講演が公開されています

2021-10-18

2021年10月4-7日の4日間、DrupalCon Europe 2021が開催されました!

今回のDrupalConも完全オンライン開催。
ドゥルーパリストが、世界中から集まりました。

終了後、Drupalの創設者であるDries Buytaert氏による基調講演の内容が、早くも公開されています。


※下記Driesさんのブログ記事より。

Drupal 7 and Drupal 8 のサポート終了

Drupal7またはDrupal8を使用している場合、Drupal9にアップグレードする時間は重要です。

Drupal7のサポート終了は2022年11月に予定されています。
Drupal8のサポート終了は、2021年11月2日に予定されているので(つまり、1か月以内)、さらに差し迫っています。

なぜDrupal8がDrupal7の前にサポートを終了するのか、それは2016年にDrupalの開発方法を変更したからです。
この変更は、Drupalにとって本当に素晴らしいものです。摩擦なしで最新バージョンへのアップグレードをはるかに簡単にしました。

Drupal 9への移行を可能な限りシンプルにするために、コミュニティとして、ツールと自動化の構築に数千時間を費やしてきました。


Drupal 10のタイムライン

次に、Drupal10のタイムラインに関する最新情報を提供しました。タイミングとしては、2022年6月のDrupal10出荷が私達の理想オプションです。

その日付は、今後数か月でどれだけの作業を実行できるかにかかっています。


Drupalのコア戦略的イニシアチブ

Drupalコアの6つの戦略的イニシアチブについて説明しました。私たちはそれらのほとんどすべてで本当に大きな進歩を遂げました。

  • Project Browser
    アイデアは、スマートフォンのアプリストアのように、サイト構築者がDrupalサイトからモジュールを簡単に見つけてインストールできるようにすることです。
  • Decoupled Menus
    Drupalが提供するWebサービスエンドポイントの数を増やし、WebコンポーネントとJavaScriptフレームワーク統合の大規模なリポジトリを構築したいと考えています。
  • Easy Out of the Box
    このイニシアチブの目標は、レイアウトビルダー、メディア、およびClaroを標準プロファイルに追加することです。つまり、これらの機能は、新しいDrupalユーザーに対してデフォルトで有効になります。
  • Automatic Updates
    自動更新イニシアチブの目標は、Drupalサイトの更新を容易にすることです。ソフトウェアの脆弱性をチェックしないままにすると、セキュリティの問題が発生する可能性があります。自動更新は、Drupalユーザーがサイトを安全に保つための重要なステップです。
  • Drupal 10 Readiness
    Drupal 10 Readinessイニシアチブは、Drupalが依存するサードパーティコンポーネントのアップグレードに重点を置いています。このイニシアチブは大変な作業でしたが、私たちはほぼ順調に進んでいます。
  • New front end theme
    新しいフロントエンドテーマであるOliveroがフィニッシュラインに近づいています。過去数か月の間に、Oliveroが完全にアクセス可能であることを保証するために多くの努力が払われ、アクセシビリティへの取り組みと一致しています。

The health of Drupal's contribution dynamics
(Drupalの貢献ダイナミクスの健全性)

次に、Drupalの貢献度データを見てみました。この指標は、貢献度が低下していることを示しています。このデータを見て最初はパニックになりましたが、この傾向にはいくつかの良い説明があることに気づきました。また、この傾向は一時的なものである可能性もあると思います。

これが発生した理由について詳しく知るために、Drupalの貢献者の離職率、つまり昨年中に貢献をやめた個人や組織の割合を調べました。そしてこのデータを、ソフトウェアおよびサービス企業の業界平均と比較しました。
貢献が鈍化する理由はいくつかあります。

  • COVID-19のパンデミックは、貢献をより困難にし、および/またはあまり望ましくないものにしました。
  • 私たちは「Drupalスーパーサイクル」の遅い時期にあります―メジャーリリースが終わるたびに、作業はアクティブな開発からメンテナンスに移行します。
  • 多くのDrupalエージェンシーは、成長が非常に速いため、貢献する時間が少ないと言っています。これは、Drupalの採用にとって素晴らしいニュースです。
  • Drupalは安定した成熟したソフトウェアプロジェクトです。 Drupalには、組織が最先端のデジタルエクスペリエンスを提供するために必要なほぼすべての機能があります。 成熟しているため、貢献するバグ修正や機能の改善がほとんどありません。
  • Rectorの自動化により、貢献度が低下しました。賢く働くことは良いことです。

The magic of contribution

Drupalの採用を容易にするために私たちが行っているいくつかのことについて話して、プレゼンテーションを締めくくりました。
DrupalPodとSimplytestを、コミュニティ主導の驚くべきイノベーションの2つの例として取り上げました。

人々がDrupalを採用した後、彼らが貢献者になりやすくする必要があります。貢献を簡単にするために、Drupalは自社開発の開発ツールを支持してGitLabの採用を開始しました。
Drupalエコシステム外の多くの開発者は、GitLabなどのツールの使用に慣れています。彼らがすでに慣れ親しんでいるツールを使用できるようにすることは、新しい貢献者を引き付けるための重要なステップです。


Thank you

最後に、前回のDriesNote以降、Drupalに貢献してくれたすべての人々と組織に感謝します。私たちのコアイニシアチブの勢いはかなり驚くべきことです!私は皆さんの貢献に刺激を受けています!


----------------

着々と進んでいる様子の、Drupal10。リリース予定については、講演で、理想としては6月頃、時間が必要であれば年末あたり、という話もでていましたね。

今後のアップデートも見逃さないように引き続きウォッチしたいと思います!