Drupal10はIE11のサポートが終了に!Drupal10の開発進行状況

2021-03-01

Durpal10のリリースが、2022年おそらく6月頃の見込みで予定されています。
つまりあと15か月!Drupal10の進捗状況をお伝えします!

(この記事はDrupal公式サイトの記事を元に書かれています):
https://www.drupal.org/about/core/blog/drupal-10-readiness-initiative-update-for-february-2021


2021年2月のDrupal10準備状況

昨年12月のDrupalCon Europeで発表されて以降、現在進行中のアップデート状況の大枠をお伝えします。

隔週月曜日19:00にDrupal Slack#d10readiness channel でディスカッションが行われているので、興味のある人は参加できますよ!


・すべての開発はDrupal9で進んでいます

Drupal8でDrupal9のほとんどを構築してきたのと同様に、Drupal10をDrupal9でできるだけ組んでいるところです。1つだけ重要な例外があります。CKEditor5プロジェクトがテストを支援し、共同作業を容易にするための貢献モジュールとして構築されていることです。


・PHP8とComposer2のサポートが積載されました

どちらもDrupal9で積まれました。
Composer2のサポートはDrupal8にバックポートされていましたが、PHP8との互換性には不可能でした。2022年11月のPHP7のサポート終了を考慮して、Drupal10にはPHP8が必要になる予定です。


・Symfony5のサポートは良好です、Symfony6のサポートは作業中です

Drupal10のタイムラインで主要な2つの推進の1つは、2022年11月で終了するSymfony4のサポートです。少なくともSymfony5へのアップデートを予定しています。これまでに既知のSymfony5の互換性の問題はすべて解決したので、有望に見えます。
Drupal 10の時代には、Symfony5は長期的にサポートされる5.4ブランチになり、Symfony5が2025年11月までセキュリティサポートされるだけで、Drupal10に2.5年の寿命を与えます。
これを拡張するために、Symfony6へのアップデートとDrupal9ですでに特定されている非互換性を解決することを検討しています。Symfony6の開発自体はまだオープンではないため、すでに非推奨になっているものにだけ取り組むことができます。


・CKEditor4から5へのアップデートにはもっと手が必要です

Drupal10タイムラインの背後にあるもう1つの大きな動機は、2023年までしか続かないCKEditor4のサポートです。CKEditor5のサポートは、現在、専用の貢献モジュールで機能しています。ランタイムプラグインのサポート(Webpack DLL)、一般的なHTMLサポート(レガシーコンテンツでCKEditor5を使用する際のデータ損失を回避するため)などで、CKSourceチームと緊密に協力しています。
これにはもっと多くの人が必要です。専用のCKEditor5ミーティングは、隔週木曜日にDrupal Slackの#ckeditor5で15:30UTCに開催されています。


・Starterkitテーマのプロトタイプにはフィードバックが必要です

これはDrupalのテーマのパラダイムシフトです!ランタイムベースのテーマから継承することで重複は回避できますが、それはイノベーションに深刻な問題を引き起こし、ライブサイトを壊さないように私達は古いバグをサポートするようになってしまいます。その代わりに、準備されたスターターキットに基づいて、コアでテーマを生成するための組み込みサポートを提供することを目指しています。Lauriは初期ソリューションのプロトタイプを作成しましたが、さらにフィードバックが必要です。


・jQuery UIコンポーネントにはプロトタイプされた代替品があり、レビューが必要です

事実上、すべてのjQuery UIコンポーネントとBackbone.JSのさまざまな使用には、ダイアログ、ツールバー、タブマネージャー、オートコンプリート、ツアーなどの代替がプロトタイプ化されています。これらのすべてには、深いフィードバックとテストが必要です。


・Drupal10からはInternet Explorer11のサポートは終了します

Drupal10からIE11のサポートを終了することに合意しました。公式発表が間もなく行われます。


・1回限りの機能モジュールの一部は削除される可能性があります

Drupal9でアグリゲーターモジュールを非推奨にし、Drupal10で削除することですでに同意しました。メンテナーと勢いが不足しているシングルユースのコアモジュールが削除される可能性があります。個々のモジュールのライフサイクル状態を示す作業が進行中ですが、モジュールを時間内に非推奨にするのに使用できるようにするためには、いますぐさらなる支援が必要です。


DrupalCon NorthAmerica 2021

上記は、私たちが取り組んでいるハイライトのほんの一部です。DrupalCon North America 2021はオンラインで、Drupal10の準備に焦点を当てます。上記の分野の詳細などに光を当てるさまざまな深いトークを用意しました。ぜひ参加して、新しいバージョンの最前線に立つ機会を利用してください。