なぜDrupalのレイアウトビルダーがとても強力でユニークなのか

2019-02-13

(この記事は https://dri.es/why-drupal-layout-builder-is-so-unique-and-powerfulを元に翻訳されたものです)

Drupal 8の次のリリースになるLayout Builderは、構造化されたコンテンツや非構造化コンテンツ、テンプレート化されたフリーフォームのページを扱うことができます。


コンテンツの作成者は、ページ構築の経験が必要です。ドラッグアンドドロップやWYSIWYGツールを使用してページを作成し、デザインしていきたいと考えています。Drupalコミュニティは、このページビルド機能をDrupalコアに組み込むために設計された新しいLayout Builderを開発しています。


レイアウトビルダーは、次の3つのユースケースに対して、強力でビジュアルな単一のデザインツールを提供する点でユニークです。


1. テンプレートコンテンツのレイアウト。特定のコンテンツタイプ(ブログ投稿、製品ページなど)のすべてのインスタンスをレイアウトするために使用される「レイアウトテンプレート」の作成。


2. テンプレートレイアウトのカスタマイズ。ケースバイケースでこれらのレイアウトテンプレートを変更する機能(標準化された製品ページのレイアウトを変更する機能など)


3. カスタムページ。コンテンツタイプや構造化されたコンテンツに結び付けられていない、カスタムのワンオフランディングページの作成(例 :「About us」のページ)


ユースケースをより詳細に見て、どのように有効なのかを説明していきます!


使用例1:テンプレートコンテンツのレイアウト


大量のコンテンツを含む大規模なサイトでは、同じ種類のコンテンツが同様の外観を持つことが重要です。


フラワーアレンジメントを使用した何百もの異なるギフトバスケットを販売するコマースサイトでは、すべてのギフトバスケットのレイアウトが似ているべきであると思います。顧客にとって、これはギフトバスケットを閲覧する際の一貫性を感じ、比較を容易にします。



コンテンツ制作者にとっては、テンプレート化されたアプローチは、サイトに入力する新しいギフトバスケットの外観やレイアウトについて心配する必要がなくなります。彼らは一度価格、説明を入力し、アイテムのイメージをアップロードしたら、それはエンドユーザーによく見え、サイトの他のギフトバスケットと同様に見えます。



(参考元: https://dri.es/why-drupal-layout-builder-is-so-unique-and-powerful)


Drupal 8の新しいレイアウトビルダを使用すると、サイト制作者は、同じコンテンツタイプの各アイテム(「ギフトバスケット」コンテンツタイプの「ギフトバスケットレイアウト」など)に使用されるレイアウトテンプレートを視覚的に作成できます。これは、レイアウトビルダーがDrupalの強力な「構造化コンテンツ」機能のメリットです。


使用例:テンプレートレイアウトのカスタマイズ


特定のタイプの製品を統一して見せているのには多くのメリットがありますが、時には1つ以上の製品を異なる方法で表示したいことがあると思います。

Drupal 8のレイアウトビルダは、ケースごとにテンプレートレイアウトをカスタマイズする機能があります。「子犬、ギフトバスケット」のビデオの例では、これにより、コンテンツクリエイターはそのギフトバスケットの1つだけのレイアウトを並べ替えることができ、バイラルビデオを製品イメージの真下に置くことができます。さらに、Layout Builderは、子犬のビデオに移動すると、他のすべてのギフトバスケットと一致するようにサイトがレイアウトを元に戻すことができます。



(参考元: https://dri.es/why-drupal-layout-builder-is-so-unique-and-powerful)


ほとんどのコンテンツ管理システムでは、特定のタイプの構造化コンテンツのレイアウトパターンを視覚的に設計することができないため、このタイプのカスタマイズは許可されていません。


ユースケース3:カスタムページ(非構造化コンテンツ付き)


もちろん、すべてがテンプレート化されているわけではなく、コンテンツ制作者はしばしば、「About us」ページやウェブサイトのホームページなどのワンオフページを作成する必要があります。



さまざまな種類のコンテンツ用のレイアウトテンプレートを視覚的にデザインするだけでなく、Drupal 8のレイアウトビルダを使用して、これらの動的なワンタッチカスタムページを作成することもできます。コンテンツ作成者は空白のページから始め、レイアウトを設計してブロックを追加することができます。これらのブロックには、ビデオ、地図、テキスト、ヒーローイメージ、またはカスタムビルドウィジェットを含めることができます。ブロックは、コンテンツ作成者に設定オプションを公開することができます。たとえば、イメージとテキストを含むヒーローブロックは、テキストを左右、または中央に揃えるための設定ができます。これらの設定は、サイドバーから直接設定できます。



(参考元: https://dri.es/why-drupal-layout-builder-is-so-unique-and-powerful)


大規模なサイトでは、自由形式のページ作成はほぼ確実にスケーラビリティ、保守、ガバナンスの課題になります。


小さなページやコンテンツ作成者がいないサイトでは、これらの自由形式のページビルダーがうまくいくかもしれません。しかし、大規模なサイトでは、何百ものページや数多くのコンテンツ制作者がいる場合、テンプレート化されたアプローチが優先されます。


Drupalの新しいレイアウトビルダはいつ使用できるようになりますか?



Drupal 8のレイアウトビルダはまだ実験モジュールであり、未解決の問題を処理する必要があります。私たちは、2019年5月にDrupal 8.7のリリースを予定しています。その可能性を高めることを最優先に考えています。


アクセシビリティに関する重要な注意



アクセシビリティは、Drupalの中核の1つであり、誰もが使用できるビルド・ソフトウェアは、当社の中核の一部です。本番用の安定した状態にレイアウトビルダの機能をもたらす重要な部分は、アクセシビリティゲート(WCAGおよびATAGのレベルAA準拠)を確実に通過することです。これは、オーサリングツール自体と、それが生成するマークアップの両方に当てはまります。


まとめ



Drupalの次のレイアウトビルダは、複数の異なるユースケースをサポートする点で独特です。構造化されたコンテンツの数十または数百に適用できるテンプレートレイアウトから、構造化されていないコンテンツを持つカスタムの一度限りのページを設計することができます。レイアウトビルダーは、リビジョン、コンテンツモデレーション、翻訳などのDrupalの機能と組み合わせて使用​​するとさらに強力です。



==元記事==
https://dri.es/why-drupal-layout-builder-is-so-unique-and-powerful