【セキュリティー情報】Services - Critical - SQL Injection - SA-CONTRIB-2017-054

2017-06-29
Critical
拡張モジュール

2017/6/28(日本時間:GMT+9)、拡張モジュールにおいて脆弱性が発見されました。
インストールしているDrupalの導入モジュールを確認のうえ、必要な場合はアップデートをおすすめします。

●勧告ID :DRUPAL-SA-CONTRIB-2017-054
●プロジェクト : Services(拡張モジュール)
●投稿日 :2017/6/28

==概要==
このモジュールは外部クライアントがDrupalと通信/コミュニケーションできるためのAPIの一定した生成方法を提供します。

クライアントがクエリーしてデータを整理する際に本モジュールはクライアントによって規定した列指名を十分サニタイズしません。

この脆弱性はサイトがインデックスリソースを有効にしてある必要があり、攻撃者もエンドポイントURLを知る必要がある事実によって低減されます。

==影響を受けるバージョン==
7.x-3.20以前のServices7.x.-3.xバージョンです。
Drupalコアには影響がありません。
Services拡張モジュールを使用していない場合は、何もする必要はありません。

==解決方法==。
Services拡張モジュールを使用している場合は、7.x-3.20バージョンをインストールするもしくはエンドポイント内全てのインデックスリソースを無効にすることをお勧めします。
より詳しい説明はhttps://www.drupal.org/project/services をご覧ください。

==元記事==
https://www.drupal.org/node/2890353