CMSの種類(Drupal, TeamSite, NOREN)

オープンソースCMSと、特定企業が販売する商用CMSにはそれぞれのメリットとデメリットがあります。自社やサイトの性格にあわせて、どちらがよいか検討しましょう。

  代表的な機能 メリット デメリット
オープンソースCMS Wordpress Drupal Joomla 無料 →ライセンス費用がかからない 活発なコミュニティによる進化 →最新技術の取り込みや問題の発見・解決が早い 膨大な利用ユーザー →多くの利用者からのフィードバックを得られる 責任の所在が不明確 →特定法人企業による保証がない コミュニティにより熱に差がある →コミュニティが活発なオープンソースを選択しないと進化が止まる 日本語情報<英語情報 →圧倒的に英語情報のほうが多い
商用CMS TeamSite NOREN 法人企業がサポート →誰に頼めばよいかがはっきりしており、費用を支払うことで販売元のサポートを得られる 高機能 →値段が高いCMSは機能も豊富 高い →ライセンス費用がかかる 特定企業に依存する →販売元の経営状態によりバージョンアップが止まる可能性がある 情報が限定 →運用するには販売元からの有料サポートが必須