アステラス製薬はDrupal8を使用したグローバルウェブサイトを公開しました!

Submitted by drupal-kanri on 木, 06/08/2017 - 03:54

アステラス製薬は、日本を代表する製薬企業であり、「先端・信頼の医薬で、世界の人々の健康に貢献する」ことを経営理念に掲げ、研究開発型のグローバル製薬企業として積極的に事業展開を図っています。

グローバル化中ですべてのステークホルダーに対して社内外により適時、適切な情報公開を可能にするためにアステラス製薬「Disclosure Policy」に従ってアステラス製薬は2017年5月31日に新しいDrupal 8を使用したオープンソースグローバルウェブサイトを公開しました。

日本およびグローバルのWebサイト統一基盤にAcquia Cloud Site FactoryとAcquia Edge Protect導入によってガバナンスと俊敏性を備えた統一基盤を構築し、複数の多言語Webサイトの開発と管理を標準化する予定です。

また、アステラスグループの戦略的なグローバルブランドの醸成を図るために「見やすさ・使いやすさ・分かりやすさ」に配慮した、新しい統一されたWebサイトデザインとコンテンツを提供してアステラス製薬傘下にある子会社のすべてのコーポレートサイトを同統一基盤で再構築する目標も今回のDrupal8採用で実現できました。

「日本企業においてもデジタル技術を駆使し、グローバル規模でデジタル・エクスペリエンスを追求したいという意欲がますます高まっています。Drupal 8を搭載するAcquiaクラウド製品は、高次元にこれらを実現するプラットフォームとして、欧米では企業向けCMSのリーダーとして、現在では不動の地位を獲得しています。」とCI&Tで日本市場を担当するビジネスディレクターの上田 善行は述べています。

今回の導入事例にDrupal 8の強みであるガバナンス対応性とセキュリティー性の高さだけではなく、大企業のウェブサイトにも必要となる俊敏性に優れているDrupalの体質が明らかになった。
大企業グローバル事業展開の中でDrupalを導入する企業ますます増えていくでしょう。

元記事/引用記事:
http://www.sankei.com/economy/news/170531/prl1705310274-n1.html
https://www.astellas.com/en/news/9566