通販業界の可能性を最大限に引き出すDrupal

2017-04-12

【コマースマーケットの現状】

まず最初に現在のオンラインコマース市場動向を探ってみましょう。近頃、消費者に有利なオンラインショッピングの需要が高まっています。そのため商業者は、消費者にルックブック、チュートリアル、デモビデオ、体験ビデオなどのより質のいいコンテンツを提供できるように努力をしています。

content-and-commerce-1

以来、コマースマーケットで競争するためのすでにあるツールが改善され、order management systems (OMS)、オムニーチャネルショッピング(POS)、product information management (PIM)などのツールが導入されていましたが、本来のコマースプラットフォームの制約によりコンテンツ導入が難しくなってきました。
今後、商業組織にとって消費者に有利なコンテンツを届けるにはCMSツールは非常に有力です。CMSの中では従来のプラットフォームの操作性を保ちながら消費者の満足度を高めることにはDrupalが最適であるとみられています。

content-and-commerce-2

DrupalとDrupal Commerceの実施例である最有利なコマースプラットフォームLush.com

【コマースにおけるDrupalの特異な利点】

ブランドのニーズに従ってすでにあるコマース用プラットフォームに導入できることはDrupalでは前例のない魅力です。
「Content for Commerce」と言った理念で、AcquiaとDrupalのソフトウェアを本コマースプラットフォームに導入し、連合運用することでクライアントさんのニーズに合わせたソリューションの導入が非常に増えてきています。

こう言ったソリューションに中にはIBM WebSphere Commerce, Demandware, Oracle/ATG, SAP/hybris, Magentoなどを使ったプラットフォーム、そしてカスタマイズしたプラットフォームの実績もあります。参考に「Quicken (Magento)」、「Puma (Demandware)」、「Motorola (Broadleaf Commerce)」、「Tesla」をご覧ください。

「Content for Commerce」の理念には様々なパターンがあると思われますが、間違いなく「best-of-breed」、つまりプラットフォームの規模にあった適切なアプローチが必要となっています。コンプレックスな需要に対してIBM WebSphere CommerceやSAP/hybrisが適宜な一方、条件がそれほど微細出ない場合はCommerce Tools, Elastic PathやDrupal Commerceも相応しいとみられます。しかし、その間に対応できるのはMagentoにあたります。

加えて、一からプラットフォームを作る方法もありますが、コマースプラットフォームの背面にはERP systems(企業資源計画)、point-of-sales systems(POS)、倉庫システム、支払いシステム、マーケットプレイス、商品情報システムなどの複雑なソフトウェアシステムが存在しているため、企業の規模を問わず、この方法のリスクが非常に高く、不適切な場合が多いです。

ブランド・流通企業の本年目標調査書2016年の「State of Retailing Online」レポートによると業界のわずか16%は新プラットフォーム構築を目指し、41%〜59%はコンテンツ、RWD(レスポンシブウェッブデザイン)、パーソナル化などのソフトウェアへの投資によってカスタマー体験を改善したいという目標が立っているそうです。
このように市場の動きを見ると、今後本システムの操作性を保ちながらCMSツールの導入によってよりいいカスタマー体験を提供したい企業が数百千あると予測できます。

【結論】

この頃グローバルで活躍しているブランドはどんどんコンテンツにあふれたコマースプラットフォーム構築に力を入れて、消費者の満足度を高めるように努力していますが、すでにあるプラットフォームを一から作り直したい企業はあまりいません。そのため、本課題に一番相応しい作戦は本記事で紹介した「best of breed solution」です。
今後Drupalが通販業界のコマースプラットフォームに積極的に採用されることでプラットフォームの可能性が広がるでしょう。

※Dries Buytaert氏ブログより抜粋
元記事:http://buytaert.net/content-and-commerce-a-big-opportunity-for-drupal