Drupal 8

Drupal 8

2015年11月19日にリリースされたDrupal8の情報をより詳しくお届けしたいと思います。

かつてないほど自由に、そして思いのままな Drupal がリリースされました。
Drupal 8 では従来以上に自由なデータ構造設計、リストやページのカスタマイズに加え、ついにモバイル対応しました。そして多言語化機能も更にパワーアップしました。

モバイルでも快適なWeb閲覧

ついに、Drupal 8はモバイル対応! あなたのページを、PC だけでなくモバイルでも思いのデザインを表示させることができます。
Drupal8の全てのテーマには Responsive Web Design を搭載しており、ブラウザのサイズに合わせた自動サイズ調整が可能になりました!
さらに、管理ページをあなたのスートフォンから閲覧できるようになった上、管理者権限の追加や編集も携帯電話でできるようになりました。

多言語機能

多言語機能が組み込まれたUIで、あなたのページをどんな言語にも翻訳できます。

  • ユーザーのインターフェイスに合わせ自動翻訳
  • language filteringとblock visibilityによるユーザー選択式の自動言語設定
  • Drupalコミュニティから常に最新の翻訳モジュールをインストールできます。

初めてインストールする際の翻訳設定も今までより簡単になります!

新しい構成管理

Drupal8 では簡単にアップデートなどの情報を確認/更新ができ、システムの変更を効率的に記録します。
また,ファイルシステムベースの構成管理機能により、新しいコンテンツの種類、フィールド、開発から生産、設定の変更をシンプルに行うことができます。
さらに、データベース内の本番データとは別のファイルにあなたの設定データを保持でき、より簡単にバージョン管理ができます。

WEBサービスへの組み込み

Drupal をデータソースとして 携帯アプリを構築が可能になり、さらにアプリからそのデータソースにアクセス事ができるようになりました。
Drupal8 では最新のハーパーテキストアプリケーション言語(HAL)を実装しており、コンテンツを JSON, XMLとして公開すること、HTTP認証、Drupal 従来の views-generated lists を公開すること等々、あらゆることが可能です!

簡単なオーサリング

高い機能性を持つWYSIWYGエディタが標準導入され、コンテンツの作成がもっと簡単便利になりました。
これはDrupalの記事編集がより簡単にできるようになるすぐれもの!
よりシンプルに、そして快適に作業ができるように、2カラムのインターフェースを新たに採用しました。
以上により、

  • 細かな適所の編集がより簡単に
  • WYSIWYG導入によるウェブセキュリティー強化
  • 草案作成がより簡単に

簡単楽しいテーマ設定

迅速で安全、かつ柔軟なテンプレートエンジンで迅速にサイトを構築できます!
Drupal8にはTwigというテンプレートエンジンを導入しています。
これは、PHPを柔軟に、早く、安全に動かすものです。さらに、テンプレートはよりわかりやすく単純化されたシンタックスで書かれており、それは同時にセキュリティも改善しています。
Twigはより簡単に美しく機能的なDrupalサイトを構築するためのお手伝いをします。

もっと自由になったViews設定

より簡単にフロントページやlisting blocks をカスタマイズできるようになり、管理ページ、フィルター、アクション等をより簡潔に作成できるようになりました。
views機能はDrupalユーザーの中でも人気のモジュールで、リストやポスト、ギャラリー、テーブル、マップ、グラフ、 メニュー、ブロック、レポートや掲示板など、あらゆるウェブアイテムを作ることができます。
Drupal8では、View Module は Core に導入されています。
それにより、フロントページのカスタマイズやブロックの読み込みがとても簡単になるのです。 更に、管理ページの操作がとてもシンプルになります。

フィールド

Drupal8はより多くのフィールドタイプをcoreに組み込んでいます。それにより、著名内容を構築するシステムを拡張し、より多くのコンテンツにフィールドをつけることができるようになります。
コンテンツ内にある日程管理、リンク、日付、電子メール、電話等から参照することが新たにできるようになり、さらには自分で作成した連絡フォームをフィールドを添付することもできます。

HTML5によるマークアップ言語

Drupal8のマークアップ言語はHTML5ベースです。
出力テンプレートは簡略化された要素と、日付、メールや電話のための入力クラスをもっています。
これにより、本来のHTML5の機能を十分に発揮することができ、例としてはモバイルデバイス向けのサイトにも互換性をもたせることができるようになりました。
Drupal8 には、以上のような、日付、電子メール及び電話のようなフィールド用の入力ツールが標準導入されています。

より一般的な仕様

Drupal8は、より現代的なオブジェクト指向のコード(クラス、継承、 インターフェース等)を搭載し、最新のPHP基準(例えばPSR-0やネームスペース、特性)を導入しました。
Composer、PHPUnit、Guzzle、Zend Feed Component、Asseticなどより多くの外部ライブラリに対応しており、 Drupal開発経験が無くても自在に扱う事ができるようになりました。