最新ニュース

米国の政府機関や地方自治体がDrupalを積極的に採用する動向

2017-05-24

2017年5月、ウェブ市場調査会社「W3techs」が「Distribution of Content Management Systems among websites that use .gov」の調査書を公開しました。調査書では米国における政府機関や地方自治体が利用するドメイン「.gov」におけるCMS(Content Management System)の利用割合を伝えました。

公開された割合は次のとおり。
1. Drupal 32.1%
2. CivicEngage 18.8%
3. WordPress 18.1%

セブンイレブンはDrupalを採用!

2017-05-15

セブンイレブンは世界中に6万以上の店舗をもつ世界最大規模のコンビニエンス業者です。それは他の小売業者や食品サービス提供者よりも優れています。
更新された7-RewardsプログラムのリリースとともにDrupal 8を使用したウェブサイトとスマフォーンアプリを発表しました。
是非ウェブサイトを訪問し、体験してみてください。

リンク:https://www.7-eleven.com

==元記事==
http://buytaert.net/7-eleven-using-drupal

Drupalアップグレードの簡略化

2017-05-11


flickrより)

従来Drupalが成功してきた要因は、頻繁的に前向きな大規模のソフトウェア更正の導入です。結果として、15年間当該してきた数少ないCMSの一つになっていますが、一方、メジャー新リリースするたびに導入したソフトウェア更正に整えることで苦労しました。しかし、メジャーアップグレードで学習曲線にも影響があり、Drupalの可能性に差し障ることもありました。理想として、学習曲線を保ちながら改良をしようと考えているのですが、Drupal9へのアップグレードに向けて、解決方法を発見しました!

▼Drupal 8.2からDrupal 8.3へアップグレード

Drupal Con 2017 Baltimoreが開催されました!- 3日目〜5日目-

2017-05-10

数千名の開発者やデザイン制作者、ビジネス関係者が世界中から集うDrupal最大のイベント『Drupal Con』が2017年4月24日~28日までアメリカのボルティモアにて開催されました。

【主なラインナップ】

▼3日目、4日目に続いて、セッションとソーシャルイベントが中心に行われ、三日間に渡りWhitney Hessが扱う初ディスカッションが実施されました。


flickrより)

Drupal Con 2017 Baltimoreが開催されました!- 2日目-

2017-05-01

数千名のデベロッパーやデザイン制作者、ビジネス関係者が世界中から集うDrupal最大のイベント『Drupal Con』が2017年4月24日~28日までアメリカのボルティモアにて開催されました。

Driesのキーノートを経て、2日目は、セッションとソーシャルイベントを中心に日程が行われ、三日間に渡るWhitney Hessが扱う初ディスカッションが実施されました。


flickrより)


flickrより)

Drupal Con 2017 Baltimoreが開催されました!- 1日目-

2017-04-27

数千名のデベロッパーやデザイン制作者、ビジネス関係者が世界中から集うDrupal最大のイベント『Drupal Con』が2017年4月24日~28日までアメリカのボルティモアにて開催されました。


flickrより)

【主なラインナップ】

▼サミット

▼Business Summit
実用セッションに注目し、共作環境を提供しながらビジネスの改善提案を作っていきます。

▼Higher-Ed Summit
大学の専門家のパネルを実施し、BoF-StyleのBreakoutディスカッションと見逃してはいけない数々の事例研究発表を公開します。

▼Media and Publishing Summit
このサミットではメディアや出版企業の課題を検討していきます。

通販業界の可能性を最大限に引き出すDrupal

2017-04-12

【コマースマーケットの現状】

まず最初に現在のオンラインコマース市場動向を探ってみましょう。近頃、消費者に有利なオンラインショッピングの需要が高まっています。そのため商業者は、消費者にルックブック、チュートリアル、デモビデオ、体験ビデオなどのより質のいいコンテンツを提供できるように努力をしています。

content-and-commerce-1

以来、コマースマーケットで競争するためのすでにあるツールが改善され、order management systems (OMS)、オムニーチャネルショッピング(POS)、product information management (PIM)などのツールが導入されていましたが、本来のコマースプラットフォームの制約によりコンテンツ導入が難しくなってきました。
今後、商業組織にとって消費者に有利なコンテンツを届けるにはCMSツールは非常に有力です。CMSの中では従来のプラットフォームの操作性を保ちながら消費者の満足度を高めることにはDrupalが最適であるとみられています。

Drupal Meetup Tokyo Vol.9が開催されます!

2017-03-22

Drupal コミュニティが主催しているDrupal Meetup Tokyo!今回は9回目の開催となります。
今回もアルコールOK・食べ飲み可能で、自由に持ち込みOKですよ!

Drupal Meetup Tokyo


***概要***

▼Drupal Meetup Tokyoイベントページ
https://groups.drupal.org/node/516481
※毎月第四金曜日に開催しています。

▼開催日
2017 年 3 月 24 日(金) 19:30〜 21:00

DrupalCon Baltimore2017が開催されます!

2017-03-13

数千名のデベロッパーやデザイン制作者、ビジネス関係者が世界中から集うDrupal最大のイベント『Drupal Con』が2017年4月24日~28日までアメリカ合衆国メリーランド州にあるボルチモアにて開催されます。

DrupalCon Baltimore2017

***概要***

■DrupalCon Baltimore2017■

▼DrupalCon Baltimore2017イベントページ
https://events.drupal.org/baltimore2017

▼開催日
2017年4月24日(月) - 28日(金)

Drupal Meetup Tokyo Vol.8が開催されます!

2017-02-21

Drupal コミュニティが主催しているDrupal Meetup Tokyo!今回は8回目!の開催となります。
今回はアルコールOK・食べ飲み可能で、自由に持ち込みOKですよ!

Drupal Meetup Tokyo


***概要***

▼Drupal Meetup Tokyoイベントページ
https://meetup.drupaljapan.org/event/91
※毎月第四金曜日に開催しています。

▼開催日
2017年 2月24日(金) 19:30〜 21:00