最新ニュース

デベロッパーツールイニシアチブ−パート1: アップデートと私たちの見解

2018-01-29

Drupal.orgの開発ツールを改良するイニシアチブは、Drupalの領域を、エンドユーザーと評価者に対してだけではなく、より多くの開発者にも広げるための取り組みの一環です。ツールの改良は、変化の摩擦を除去したり品質向上や速度改善、そしてDrupalを快適にします。

マサチューセッツ州 は政府のWebサイトにDrupalを採用しました。

2018-01-17

マサチューセッツ州はDrupal8を採用したWebサイトを立ち上げました。

Drupalを使用していない以前のサイトは情報を集めるのが大変なサイトでした。そこで、Mass.govチームはサイトを分析し、冗長な情報が9割もあることを見つけました。デジタルサービスチームは、この結果から市民のニーズと関心を優先させるサイトアーキテクチャとコンテンツ戦略を開発しました。 1年間後、Mass.govのチームは、旧CMSを使用していた開設して15年経つサイトからDrupalに移しました。

詳しくは元記事をご覧下さい。

▼元記事
Massachusetts launches Mass.gov on Drupal

17才の誕生日おめでとう!Drupal!

2018-01-15

17年前の今日、私はDrop.orgを裏で支えるソフトウェアをオープンソース化し、Drupal 1.0.0をリリースしました。Drupalが最初に公開された時、Googleはまだ登場したばかりで、モバイルウェブは存在せず、JavaScriptは開発者の間で非常に不人気な言葉でした。

過去17年にわたり、私はウェブの本質の変化や、インターネットで無数の流行が現れては消えるのを、目の当たりにしてきました。誕生日を祝うにあたり、Drupalがこんなにも長い間生き残ってきた、数少ないコンテンツ管理システムの1つであることを、誇りに思います。

私のキャリアは変化しましたが、Drupalは常に一貫して変わりませんでした。そのことが私に毎日インスピレーションを与え、Drupalの及ぼし続ける影響が私のエネルギーとなっています。世界中の何百万人もの人々がDrupalを頼りにして、それぞれのビジネスやミッション、目的を実現させています。以下に掲載した動画の中のDrupalユーザーたちを見ると、鳥肌が立ちます。

PHP 7.2.0 発表

2017-12-27

PHP開発チームは、PHP 7.2.0を発表しました。 これはPHP 7シリーズの2回目の機能アップデートです。

PHP 7.2.0には、以下の改良点と新機能があります。

Drupal 8.4/8.5におけるレイアウトに関するアップデート

2017-12-19

Drupal 8.4がリリースされ、Drupal 8.5の開発が進められていますが、Drupalのレイアウトに関しては次のようなアップデートがされています。

8.4:安定版のレイアウト機能

従来、サイトビルダーはDrupalの2つのレイアウトソリューションの1つ、PanelizerとPanelsを使用してきました。どちらもコアモジュールではなくコントリビュートモジュールであり、どちらも2017年中に安定リリースを達成しました。安定リリースでは、Drupal 8でサイトを構築できないような大きな機能ギャップが解消されました。

8.4:コアのLayout API

Drupal 8.3コアに追加されたLayout Discoveryモジュールは安定版となりました。このモジュールはLayout APIをコアに追加します。前述のPanelizerモジュールとPanelモジュールの両方で、すでに8.4リリースで新しいLayout APIが採用されています。コア内の統一されたLayout APIにより、断片化が解消され、協調が促進されます。

データの入っている基本フィールドがアンインストールできるようになりました。

2017-12-12
コア

プロジェクト:Drupal core
バージョン:8.5.0-alpha1

説明:
以前のバージョンのDrupal 8では、共有エンティティテーブルに格納されている既存のデータを持つ基本フィールドをアンインストールできなかったため、基本フィールドを他のエンティティタイプに提供するモジュールもアンインストールできませんでした。

Drupal 8.5.0以降、すべての基本フィールドを安全にアンインストールできます。 既存のデータは共有テーブルから専用テーブルに移動され、cronで徐々に削除されます。

影響はサイト構築者、管理者、編集者にあります。

詳しくは元の記事をご覧ください。

▼元の記事
Base fields with existing data can now be uninstalled

Drupal上でのショートカットとフレンドリーURL

2017-11-27

Drupalアソシエーションは開発を簡単にするためにショートカットとフレンドリーURL(URLを分かりやすくする機能)を追加しました!

ショートカット

最初に追加したショートカットは検索バーの機能です。 検索バーに任意のノードIDを入力すると、そのノードに自動的にリダイレクトされます。

2つ目のショートカットは、イシューを見つけるための簡単なURLパターンです。 ノードIDを知っていれば次のように入力してください:

https://drupal.org/i/<node-id>

するとそのノードが表示されます。

フレンドリーURL(11月12日更新)

Drupal.orgに新しいフレンドリーなURLパターンを実装しました。標準的なURLをより分かりやすく、検索エンジンから見つけやすくするためです。

Drupalの近況 - 2017年9月

2017-11-09

Drupalアソシエーションが近況報告を行いました。

発表

■ TLS 1.0および1.1は非推奨

Drupal.orgは、コンテンツ配信にFastly CDNサービスを使用し、PCIデータセキュリティ基準審議会の委任により、Drupal.orgで使用している証明書に関するTLS 1.1、1.0および3DESのサポートを償却しました。 この変更は2017年8月9日に行われました。つまり、古いTLS 1.1または1.0プロトコルを使用しているブラウザとAPIクライアントはサポートされなくなります。 curlやwgetの古いバージョンも影響を受ける可能性があります。

プロジェクトを作成するプロセスの更新について

2017-11-07

約半年前にDrupalアソシエーションがプロジェクトを作成するプロセスの更新を行いました。これによりプロジェクトを作成する障害が減って寄贈されるプロジェクトが増え、セキュリティチームからカバレッジを受け取るプロジェクトが減ると予想されました。

結果

プロセス更新による影響を検証するために5ヶ月間に作成されたプロジェクトの数を比較しています。プロセス更新前である「2016年10月16日〜2017年3月17日」とプロセス更新後である「2017年3月17日〜2017年8月16日」の間に作成されたプロジェクトの数を以下の2つの表に示します。

2016年10月16日〜2017年3月17日に作成されたプロジェクトの数

Full projects created from 2016-10-16 to 2017-03-17…