CMSの必要性

CMSとは?

CMSは「WEBサイト管理」を楽にするツールです。 CMSを導入することにより、従来は特殊な専門知識を持った業者に委託していたWEBサイト更新作業を、社内でスピーディに行なえるようになります。制作スキルのある人材探しや、専門的な指示のやり取りが不要になることで、WEBサイト管理の作業負担は大幅に軽減すると同時に、サイトへの新着情報の更新が大幅にスピードアップします。

CMSを導入するメリット

ページ更新が簡単になる

専門的な知識がなくても、専用の画面から画像を選んだりデータを入力するだけでページの内容を簡単に更新することができます。

情報鮮度が上がる

リアルタイムでの情報発信が可能な為、情報のタイムラグがなくなります。

コストが下がる

同一レイアウトのページが100ページある場合、CMSではデータを画面から登録するだけで100ページが作成できます。 CMSが無い場合はWEBデザイナが100ページのHTMLを制作する必要があります。

間違いが減る

同じレイアウトのページはCMSが決まったレイアウトでデータベースから出力するので、 ひとつひとつのページをHTMLで作成するのに比べて誤字やレイアウト崩れなどの間違いを減らすことができます。

SEOに有利

CMSにより表示されるWEBサイトは、CMSを使用しないサイトに比べて構造がわかりやすく検索されやすいことからSEO(検索エンジン最適化)に有利と言われています。