Drupal(ドルーパル) 8.5.0-rc1はテスト可能に!

2018-02-28

Drupal 8.5.0リリースの最初のリリース候補版がテスト用に公開されました。 Drupal 8.5.0は3月7日にリリースされる予定です。

https://www.drupal.org/project/drupal/releases/8.5.0-rc1

8.5.xはMediaモジュールをすべての人に利用可能にし、マイグレーションを大幅に改善し、Content ModerationおよびSettings Trayモジュールを安定化させ、デフォルトでBigPipeを有効にして動的ページを迅速に処理し、新しい実験用Layout Builderモジュールを導入します。このリリースには、コンテンツ翻訳のワークフローに対するいくつかの非常に重要な修正が含まれており、PHP 7.2をサポートしています。最後に、8.5.0-rc1には、8.4.5で提供されているものと同じセキュリティ更新が含まれています。

これは私にどう関係するのか?

Drupal 8サイトのオーナーの場合

Drupal 8.4.5(8.4.xシリーズのセキュリティアップデートと最終リリース)も今週リリースされました。 8.4.xサイトは直ちに8.4.5に更新する必要がありますが、8.4.xは8.5.0のリリース日以降の更新がなくなり、サイトはバグとセキュリティ修正を継続するために8.4.xから8.5.xへの更新を準備する必要があります。 update(8.4.2から8.4.3など)と同様に、update.phpを使用して8.4.xサイトを8.5.xシリーズに更新します。このリリース候補を使用して更新プログラムをテストすることができます。 (サイトを更新する前に必ずデータをバックアップし、本番環境では更新をテストしないでください)。

既に8.5.0-alpha1または8.5.0-beta1を実行している初期テスターの場合は、すぐに8.5.0-rc1に更新する必要があります。 8.5.0-rc1にはセキュリティ修正(Drupal 8.4.5でリリースされたのと同じ修正プログラム)が含まれています。

サイト所有者は、Drupal 8のPHP 5のためのサポートが一年後の2019年3月に終了することを覚えておいて下さい。現在、Drupal 8で使うPHPの奨励バージョンはPHP 7.2です。

モジュールとテーマの作成者の場合

Drupal 8.5.xは8.4.xと下位互換性です。ただし、内部APIの変更や実験的なモジュールへのAPIの変更が含まれているため、マイナーな更新が必要になることがあります。 8.5.xの変更履歴を確認し、リリース候補でモジュールとテーマをテストしてください。

翻訳者の場合

一部のテキストの変更はDrupal 8.4.0以降に行われました。 Localize.drupal.orgは、翻訳のためにこれらの新規および変更された文字列を自動的に提供します。ストリングはリリース候補と凍結され、翻訳者は翻訳を更新できるようになりました。

コア開発者の場合

8.4.xに対して提出されたすべての未解決の問題は自動的に8.5.xに移行されました。将来のバグレポートは、8.5.xブランチをターゲットにしてください。 8.5.xリリース候補フェーズでは、8.6.xは新しい開発のために開かれたままです。 8.5.xブランチは、リリース候補の制限の対象となり、重大な修正とその他の制限付き変更が許可されます。

あなたのバグレポートはDrupalの改善に役立ちます!

リリース候補は今後のリリースのバグを特定するチャンスであるため、見つかったバグを問題キューで検索し、バグがまだ報告されていない場合は新しい問題を提出してください。

元記事
Drupal 8.5.0-rc1 is available for testing