17才の誕生日おめでとう!Drupal!

2018-01-15

17年前の今日、私はDrop.orgを裏で支えるソフトウェアをオープンソース化し、Drupal 1.0.0をリリースしました。Drupalが最初に公開された時、Googleはまだ登場したばかりで、モバイルウェブは存在せず、JavaScriptは開発者の間で非常に不人気な言葉でした。

過去17年にわたり、私はウェブの本質の変化や、インターネットで無数の流行が現れては消えるのを、目の当たりにしてきました。誕生日を祝うにあたり、Drupalがこんなにも長い間生き残ってきた、数少ないコンテンツ管理システムの1つであることを、誇りに思います。

私のキャリアは変化しましたが、Drupalは常に一貫して変わりませんでした。そのことが私に毎日インスピレーションを与え、Drupalの及ぼし続ける影響が私のエネルギーとなっています。世界中の何百万人もの人々がDrupalを頼りにして、それぞれのビジネスやミッション、目的を実現させています。以下に掲載した動画の中のDrupalユーザーたちを見ると、鳥肌が立ちます。

Drupalの成功は、利用する組織だけではなく、単なるソフトウェア以上のプロジェクトを作る、私たちのコミュニティーによっても特徴づけられています。2017年はいくつかハードルがあった一方で、多くのマイルストーンもありました:

・Drupal 8で動作しているサイトが、2016年1月の105,000件から少なくても190,000件に増加 (前年比80%の成長)
・Drupal 8用の安定したモジュールが、2016年1月の810本から1,597本に増加 (前年比95%の成長)
・2017年のDrupaCon参加者4,941人
・世界16ヶ国で41件のDrupalCamp開催
・個人コード寄贈者は7,240人と、2016年から28%増加
・コードを寄贈した組織は889件と、2016年から26%増加
・2017年のDrupal.org訪問者1,300万人以上
・自動化テストの実行に76,374インスタンス時間 (1年間テストし続けたとして約9年分に相当)

Drupal 1.0.0がリリースされて以来、現状に挑戦し、進化を受け入れ、弾力性を持ち続ける私たちコミュニティーの能力が落ちることは、決してありませんでした。2018年はDrupalにとって重大な年になるでしょう。私たちが取り組み続ける重要な構想は、Drupalの使いやすさやメンテナンスのしやすさの改善だけではなく、Drupalを新たなマーケットに進出させるものでもあります。どんな困難が待ち受けていようと、コミュニティーの魂と情熱がDrupalを成長させ続け、今後もたくさんの誕生日を迎えるであろうことを、私は確信しています。

今夜、私たちは、バニラアイスをトッピングした温かいスキレットチョコチップクッキーで、Drupalの誕生日を祝う予定です。Drupalはチョコレートが大好きです! ;-)

備考: 動画はAcquiaで制作しましたが、誰でも自由にDrupalの販売や宣伝に利用できます。

詳しくは元記事をご覧下さい。
▼元記事
https://dri.es/happy-seventeenth-birthday-drupal